前へ
次へ

介護は一人ではやらないほうがおすすめです

今から5年ほど前の話になりますが、祖母が脳出血で倒れ、その介護を母がしていた時期がありました。
母は講習とかにも通って色々と学んでいましたが、祖母の対応をするのは本当に大変そうでした。
ただ、祖母自身は私のことを忘れてしまっており、断固拒絶という形だったので、私は全く介護に参加する事はできませんでした。
だから全て母にお任せだったのですが、私が何もしなかったからでしょうか、父も姉も、私の目から見ると何もしていないような状態になっていました。
すると最初は元気だった母が、次第に沈んだ顔になり、いつしか口数も少なくなっていってしまいました。
慌てた私と姉はそこからは母のお手伝いをするようになり、祖母に覚えられていた姉は母と一緒に介護を、覚えられていなかった私は家のことを引き受けることにしました。
そうして母の負担を減らしていったところ、少しずつですが母の様子が前の状態に戻っていきました。
一人でもできると母は言っていましたが、やはりかなり大きな負担だったのでしょう。
誰か介護をする必要がある場合は、その人が一人でも大丈夫と言っても、やはり誰かが一緒にしたり、公のサポートを利用したりするのは必要だと思います。

Page Top