前へ
次へ

介護福祉士としての仕事の魅力

とにかく景気に左右されないのが介護福祉なので、転職者も多い仕事です。
国家資格として認められて

more

介護用品で本当に必要な物は何か

介護をする時にどうしても道具が必要になってきます。
必要としない人はトイレや風呂、ダイニングに

more

叔母が介護付きの老人ホームに入居しています

私の叔母は生前、有料老人ホームに入居していました。
叔母は持病を抱えていたこともあり、介護付き

more

近年増加をする子どもの介護

昔は助けることができなかった命も今は医療の進歩によって、助けることができるようになりました。
しかし意思疎通ができたり、自発的に呼吸をすることができるというレベルにまで状態が改善をするとは限りません。
医療の力を借りて、寝たきりになって呼吸器を付けているだけという場合もあります。
大人でも事故で突然人間らしい生活を失ってしまったり、自己表現ができなくなってしまうということは考えられます。
ただ呼吸器をつけられて、強制的に呼吸をさせられているだけ、という人も多いです。
大人だけではなく、子どもでも同じ状況で生活をしている場合があります。
染色体異常で誕生をし、医療の力を借りなければ呼吸ができない、食事もできないので注入をしてもらっているという子どもが増加をしています。
意思疎通ができないというのは、本人もとても辛いことですが、親がどんな状態になってでもいいから生きていてほしいという気持ちでいた場合、医療機関も延命措置をしなければいけません。
また入院で対応をするのではなく、自宅で介護を受けながら生活をするということも可能になってはきています。
その場合、親も介護に参加をしなければいけませんが、訪問介護などのサービスを受けることになるでしょう。
少し前までは子ども向けの訪問介護はありませんでした。
しかし最近では需要も増加をしているということがあるので、子ども向けにサービスを展開する事業所も増えてきています。
どんな状況でも生きていてほしいと考える親が増加をしてきているので、子ども自身が自然な形で寿命を全うするということができなくなってきています。
積極的な治療を行わないことが標準的になっている疾患もあるので、子ども自身に負担をかけないように、痛みや苦しみをできるだけ感じないようにする、というのも親の役割でしょう。
自宅で医療ケアをするだけが子どもにとってよいことだとは言えません。
子どもの気持ちも考えてみるべきでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top